巡り来る季節の中で出会い         心癒されたお花達


by yarock
カレンダー

<   2004年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

アレチウリ(荒れ地瓜)

9月17日
市内を流れる入間川の河川敷を散策中に見つけました。
アルバム・★秋の散歩道★


ウリ科
花期:秋
北アメリカ原産の帰化植物だそうです。
[PR]
by yarock | 2004-09-21 07:53 |

猫のひげ

9月12日
巾着田で撮影

アルバム・☆花散歩道☆


シソ科  
英名は cat's whiskers
白くて長い雄しべと雌しべが猫のひげを連想させるのが
命名の由来のようです。
寒さに弱いので日本では一年草扱いです。
[PR]
by yarock | 2004-09-16 11:36 |
9月12日
巾着田の帰り道に出会う


・葵(あおい)科。
・学名 Hibiscus manihot
Hibiscus : フヨウ(ハイビスカス)属
・黄色い大型の花。晩夏に咲く。
一日花で、夕方早い時間に閉じる。
・根の部分が粘っこいらしい。
・和紙に使う糊にはトロロアオイの根がよく使われる
・「おうしょっき」とも読む。
・別名 「通和散」(つうわさん)。
・似ている花 紅葉葵 ハイビスカス 黄槿(はまぼう) オクラ

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-15 08:28 |

ダリア

9月12日
このお花も巾着田の帰りに出会いました


・菊科。
・メキシコ原産で、メキシコの国花。
・球形のものや、花びらの先がとがったもの、
八重のもの・・・、咲き方はとても多彩。
・色は赤白黄色などさまざま。
なんと3万品種以上もあるらしい。
園芸植物のなかでも突出した品種数。
変異を起こしやすい植物なので
いろいろな品種が作れたとのこと。
・別名 「天竺牡丹(てんじくぼたん)」
・7月12日、8月13日の誕生花(ダリア)
・花言葉は「エレガント、華麗」(ダリア)
・似ている花 菊

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-15 08:19 |

菊芋 (きくいも)

9月12日
道端の雑草と一緒に咲いていました


・菊(きく)科。
・8月頃から10月頃にかけて開花。
・名前とうらはらに美しい花。黄色が鮮やか。
・繁殖力は旺盛で市街地のちょっとした空き地にも,はびこっている
・厳密に分けると、7~8月頃開花するのが「犬菊芋(いぬきくいも)」、
9~10月頃開花するのが「菊芋(きくいも)」。
・ごつごつした根の先端はお芋になる。
多量の糖分を含んでいる。
昔は農村では根を酢漬けにしておいて冬の間じゅう食料とした。
なお、犬菊芋の場合はお芋にならないらしい
・別名 「唐薯」(からいも)、
「八升芋」(はっしょういも)。
・似ている花 ひまわり 秋桜 金鶏菊

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-14 23:11 |
9月12日
巾着田に行く途中に出会いました。

アルバム★散歩道・秋★


・葵(あおい)科。
・学名 Hibiscus coccineus
Hibiscus :フヨウ(ハイビスカス)属
coccineus : 紅色の,緋紅色の
・開花時期は、 7/10頃~ 8/ 末頃。
・別名 「紅蜀葵」(こうしょくき)。
・葉っぱはその基部がひっついた状態で深く3裂または5裂する。
裂がやや浅いものもある。
・似ている花 ハイビスカス 黄蜀葵

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-14 10:38 |

巾着田の曼珠沙花

9月12日
巾着田に行ってきました。
日本一の規模の彼岸花群生地として知られている。
林一面の彼岸花で、まさに真っ赤な絨毯を敷くつめた様

埼玉県日高市高麗本郷。
西武池袋線高麗駅から徒歩10分。
巾着田のホームページ
★巾着田・曼珠沙華・開花情報★
巾着田では曼珠沙華の発芽が始まりました。
詳しくは、↑の最新の開花状況で確認してください。
また、10月上旬からコスモスが見ごろをむかえます。







アルバム・☆巾着田の曼珠沙花(2004・秋)☆
[PR]
by yarock | 2004-09-13 01:23 |

男郎花 (おとこえし)

9月9日
昭和記念公園


・女郎花(おみなえし)科。
・晩夏の頃、白い花を咲かせる。
・女郎花と似ているが、
茎や葉は女郎花より大きい。
・別名 「敗醤(はいしょう)」
・似ている花  女郎花

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-11 07:41 |

萩 (はぎ)

9月12日
巾着田


高麗神社境内


・豆(まめ)科。
・開花時期は、 6/ 5頃~10/ 末頃。
・秋の七草のひとつ。
・日本各地の山野でごくふつうに見られ、
萩といえば山萩(やまはぎ)を指す。
・「萩」の字は ”秋”の”草(草かんむり)”なので
まさに秋の花だが早いものは夏前から咲き出している。
・花は豆のような蝶形花。
・秋の十五夜に、薄(すすき)、おだんごと一緒に
縁側などに置いて供える習慣がある。
・地上部は一部を残して枯死するため、毎年新しい
芽を出すことから「はえぎ(生え芽)」となり、 しだいに「はぎ」に変化た。
・別名 「庭見草」(にわみぐさ)、
「野守草」(のもりぐさ)、
「初見草」(はつみぐさ)。
・9月18日の誕生花(萩)
・花言葉は「柔軟な精神」(萩)

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-11 07:17

女郎花 (おみなえし)

9月9日
昭和記念公園


・女郎花(おみなえし)科。
・開花時期は、 7/25頃~10/10頃。
・黄色い清楚な花。山野に生える。
・「おみな」は「女」の意、
「えし」は古語の「へし(圧)」で、 美女を圧倒する美しさから名づけられた。
また、もち米でたくごはん(おこわ)のことを
「男飯」といったのに対し、「粟(あわ)ごはん」
 のことを「女飯」といっていたが、
花が粟つぶのように黄色くつぶつぶしていることから
「女飯」→「おみなめし」→「おみなえし」となった
 との説もある。
・「男郎花(おとこえし)」という花もあり、
こちらは白い花。形はそっくりだが
女郎花より「力強く」見えるとのこと。
・別名 「粟花」(あわばな)、
黄色い花が粟に似ているから。
「思い草」(おもいぐさ)。
・8月16日の誕生花(女郎花)
・花言葉は「約束を守る」(女郎花)
秋の七草  萩 薄 桔梗 撫子 葛 藤袴 女郎花
・似ている花 男郎花

「季節の花 300」より
★季節の花 300★
[PR]
by yarock | 2004-09-10 11:00 |