巡り来る季節の中で出会い         心癒されたお花達


by yarock
カレンダー

<   2004年 04月 ( 75 )   > この月の画像一覧

花蘇芳 (はなずおう)

a0009600_214925.jpg
4月28日
秩父・羊山公園にて
ピンクの花は良く見かけるが、白い花には初めて出会った

・豆(まめ)科。
・開花時期は、 4/10頃~ 4/25頃。
・中国原産。江戸時代初期に日本に渡来。
・別名 「蘇芳(すおう)」。
・葉が出てくる前にピンク色の小さい
蝶形の花がたくさんかたまって咲く。
・4月18日の誕生花
・花言葉 豊かな生涯



「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-29 23:09

花水木 (はなみずき)

a0009600_215041.jpg
4月28日

・水木(みずき)科。
・開花時期は、 4/15頃~ 5/10頃。
・北アメリカ原産。
・水木の仲間で、花が目立つのでこの名前に。
・秋につける赤い実と、紅葉も見事。
・別名 「アメリカ山法師(やまぼうし)」。
アメリカから渡来したときに、日本の 山法師に似ているので
    とりあえずこの名前がつけられた経緯がある。
「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-29 23:04

小手毬 (こでまり)

a0009600_21527.jpg
4月28日

・薔薇(ばら)科。
・開花時期は、 4/25頃~ 5/15頃。
・中国から渡来。
・小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くことから「小さな手毬」で「小手毬」になった。
・枝は弓状に垂れ下がる。
・4月2日の誕生花
・花言葉 友情

「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-29 23:00 |
a0009600_41919.jpg
4月28日

・吸葛(すいかずら)科。
・開花時期は、 4/20頃~ 8/25頃。
・「突貫忍冬」とも書く。つる性。
・赤いラッパのような花を円心状に咲かせる。
・花に一番近い葉は、2枚がひっついて1枚になり、
その真ん中を突き抜けるように茎が伸びて花をつける。
なんともいえないおもしろい形です

「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-29 22:55 |

紫蘭 (しらん)

a0009600_42035.jpg
4月28日

・蘭科。
・学名 Bletilla striata
・開花時期は、 4/20頃~ 6/ 5頃。
・群生しているさまは見事。
・少し湿ったところに生える。
・紫色の蘭であることから、この名になった。
・球茎は「白及根(はくきゅうこん)」といい、
止血、あかぎれ、ひびに薬効がある。

「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-29 22:52 |
a0009600_42156.jpg
4月28日
秩父・羊山公園にて撮影

野草名 ショカツサイ (諸葛菜)
科 名 アブラナ科 花 期 4月~5月
生育地 人家や畑の周囲 草 丈 20-50cm
別 名 オオアラセイトウ、ムラサキハナナ、(ハナダイコン)
[PR]
by yarock | 2004-04-29 22:46

苧環

a0009600_42258.jpg
4月28日撮影
やさしい色でお気に入りです。
[PR]
by yarock | 2004-04-29 22:41 |

苧環 (おだまき)

a0009600_4244.jpg
4月28日

・金鳳花(きんぽうげ)科。
・開花時期は、 4/ 1頃~ 5/15頃。
・「小田巻」とも書く。
・別名 「糸繰草」(いとくりそう)。
・5月29日の誕生花(苧環)
・花言葉 断固として勝

「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-29 01:16

羊山公園の芝桜

a0009600_42512.jpg
4月28日
今年は雪、雨不足から花の種類によって開花がずれていて、
昨年より綺麗さはやや劣ってましたが
それでも丘一面パッチワークのような芝桜の絨毯が広がり綺麗でした。
[PR]
by yarock | 2004-04-29 01:04 | 風景

垣通 (かきどおし)

a0009600_42639.jpg
4月25日
入間川河川敷

紫蘇(しそ)科。
・アジア原産。
・春、うす紫色の小さい花がたくさん咲く。
・茎は長く、地を這う(つる性)。
・名の由来は、花のあとでみるみる茎を伸ばし地面を這い、
節々から根を出しながら どんどん伸び、
垣根をくぐり抜けるほどに なるところから。
・若葉は食用になる。
・全草を干して強壮薬にも使われる。
また、胆石や肝臓、泌尿器病などにも薬用になる。
別名:カントリソウ(疳取り草)
子どもの疳の虫を取るのに使われたということらしいです。

「季節の花 300」
http://www.hana300.com
[PR]
by yarock | 2004-04-27 18:55 |