巡り来る季節の中で出会い         心癒されたお花達


by yarock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:夏に咲く花( 59 )

鷺草

2008・8・16
昭和記念公園では今年も8・1~31まで
サギソウまつり開催日

2008_08160017
2008_08160017 posted by (C)misaki-05

2008_08160023
2008_08160023 posted by (C)misaki-05


2008_08160349
2008_08160349 posted by (C)misaki-05

2008_08160056
2008_08160056 posted by (C)misaki-05

2008_08160061
2008_08160061 posted by (C)misaki-05

2008_08160348
2008_08160348 posted by (C)misaki-05
[PR]
by yarock | 2008-08-30 00:43 | 夏に咲く花

鷺草

2005・8・19
昭和記念公園で撮影

アルバム・ ★レンゲショウマ・サギソウ★








・蘭(らん)科。
・鷺が羽根をひろげたような形の花。
爽やかな夏の花です。
・東京都世田谷区の区の花。
戦国時代の世田谷城で助けを求める姫君が手紙をサギに託すが、
サギは途中で射落とされ、その落ちた跡にこの花が咲いたという。
・8月21日の誕生花(鷺草)
・花言葉は「芯の強さ」(鷺草)
[PR]
by yarock | 2005-08-21 12:27 | 夏に咲く花

山法師 (やまぼうし)

2005・8・10
昭和記念公園で撮影

ヤマボウシの実 秋に実がイチゴのように赤く熟す


ヤマボウシ ・開花時期は、 5/15頃~ 6/15頃。


・水木(みずき)科。
・開花時期は、 5/15頃~ 6/15頃。
・「山法師」の名前は中央の丸い花穂を坊主頭に、
4枚の白い花びらを白い頭巾に見立て、
比叡山延暦寺の「山法師」になぞらえた。
・秋には実がイチゴのように赤く熟す。
・花水木とよく似ているが、咲く時期が 花水木より1ヶ月ほど遅いのと、
 花の先端がとがっている(花水木は丸い)ことから区別できる。 ・中国名は「四照花」。
枝いっぱいに花が咲いたときの四方を照らす様子を表現している。
・別名 「山桑(やまぐわ)」
実の表面が桑のようにブツブツしているので。
・6月15日の誕生花(山法師)
・花言葉は「友情」(山法師)
[PR]
by yarock | 2005-08-21 12:23 | 夏に咲く花

桔梗

2005・8・10
昭和記念公園で撮影

アルバム ★昭和記念公園★





・桔梗(ききょう)科。
・開花時期は、 6/10頃~ 8/10頃。
・秋の七草のひとつ。
・漢名の「桔梗」を音読みしたら「ききょう」。
・別名 「桔梗」(きちこう)。
・紫または白の、美しい花。
・漢方では太い根を干してせきやのどの薬にする。
また、この薬用成分のサポニンというものは
昆虫にとっては有毒なため、昆虫からの食害から自らを守っている。
(キキョウサポニンと呼ばれる)
・昔から武士に好まれたようで、家紋に取り入れられたり、
江戸城には「ききょうの間」や「桔梗門」の名前がある。
・開花直前の丸くふくらんだ状態がおもしろい。
これは、開花前には花びらが互いのふちで
くっついたまま膨れていくため、
つぼみは風船のようにふっくらして見えるとのこと。
・万葉集に出てくる「あさがお」は、この桔梗のことだろうといわれている。
・平安時代の辞書には
「阿利乃比布岐(ありのひふき)」として載る
→ 「蟻(アリ)の火吹き」の意味。
蟻が桔梗の花びらをかむと、蟻の口から 蟻酸(ぎさん)というのが出て、
 桔梗の花の色素アントシアンというのを変色させるために、
 紫の花の色が赤く変わる。(蟻が火を吹いたように見える)
・8月12日、9月2日の誕生花(桔梗)
・花言葉は「清楚、気品」(桔梗)
秋の七草
萩 薄 桔梗 撫子 葛 藤袴 女郎花
・「桔梗」シリーズ
桔梗 千島桔梗 沢桔梗 岩桔梗 トルコ桔梗
[PR]
by yarock | 2005-08-21 12:21 | 夏に咲く花

ルビーエクリプス

2005/7/31 
昭和記念公園



赤い花びらで、縁は黄色く染まる。
日食のようなイメージからエクリプス(=食)という名前が付けられた。
草丈150cm程度。
[PR]
by yarock | 2005-08-13 15:26 | 夏に咲く花


・藤空木(ふじうつぎ)科。
・開花時期は、6/20頃~10/15頃。
・中国原産。
・さまざまな色がある園芸品種。
・枝先に小さい花をいっぱいつける。
・花は「藤」を思わせ、葉っぱは対生して
「空木」のようであることから
房藤空木の名がついた。
・別名 「ブッドレア」(学名から)
「バタフライブッシュ」Butterfly bush
蝶が大好きな花木であるところから。
(花のいい香りで集まるようです)
[PR]
by yarock | 2005-07-16 23:32 | 夏に咲く花

ダリア









・菊科。
・メキシコ原産で、メキシコの国花。
・日本には1842年にオランダから渡来。
・球形のものや、花びらの先がとがったもの、
八重のもの・・・、咲き方はとても多彩。
・色は赤白黄色などさまざま。
なんと3万品種以上もあるらしい。
園芸植物のなかでも突出した品種数。
変異を起こしやすい植物なので
いろいろな品種が作れたとのこと。
・別名 「天竺牡丹(てんじくぼたん)」
・7月12日、8月13日の誕生花(ダリア)
・花言葉は「エレガント、華麗」(ダリア)
・似ている花 菊
・「ダリア」シリーズ
ダリア 木立ダリア
[PR]
by yarock | 2005-07-16 23:28 | 夏に咲く花

梔子 (くちなし)



・茜(あかね)科。
・開花時期は、 6/15頃~ 7/ 末頃。
一重ものは早咲きで八重ものはやや遅咲き。
・いい香り。遠くからでも香ってくる。
香りでは春の沈丁花、秋の金木犀に並ぶ。
・実(み)はオレンジ色で薬用・染料になる。
無毒なので布以外にきんとん、たくあんの
着色料にもなる。
・八重咲きものは実がならないが
一重咲きものは実がなる。
実の口がひらかないところから
”口無し”の名になった。
また、実にある突起部分をくちばしに
見立てた「クチハシ」からの変化、
という説もある。
・「梔子」の漢字は漢名に由来。
・「小梔子(こくちなし)」は
これより少し小型。形はほぼ同じ。
・5月6日の誕生花(梔子(一重))
7月2日の誕生花(梔子(八重))
・花言葉は「洗練、優雅」(梔子(一重))
「喜びを運ぶ」(梔子(八重))
[PR]
by yarock | 2005-07-15 13:50 | 夏に咲く花

昼顔



・昼顔(ひるがお)科。
・開花時期は、 5/15頃~10/10頃。
・名前のとおり、昼間に開花。夕方にはしぼむ。
・晩春から秋まで長い間咲き続ける。
・似ている花
昼咲月見草 赤花夕化粧
・「顔」シリーズ
朝顔 昼顔 浜昼顔 夜顔
[PR]
by yarock | 2005-07-15 13:42 | 夏に咲く花

ハイビスカス



・葵(あおい)科。
・夏に開花する。
・インド洋や太平洋の島々が原産地。
ハワイに持ち込まれてから広まった。
ハワイ州の州花。
摘んでもなかなかしおれないので
「レイ(花の首飾り)」に使われる。
・ネパールでは聖なる花として
大切にされている。
・学名は「ヒビスカス」だが、
一般には「ハイビスカス」と呼ばれる。
・お茶としても使われる。
→ ハイビスカス・ティー
・別名「仏桑花」(ぶっそうげ)。
漢名の「扶桑」に「花」をつけて
「扶桑花」と名づけたものが
さらに変化して「仏桑花」になった。
「仏桑華」と書くこともある。
・7月11日の誕生花(ハイビスカス(一重))
9月22日の誕生花(ハイビスカス(八重))
・花言葉は「勇ましさ」(ハイビスカス(一重))
「華やか」(ハイビスカス(八重))
・似ている花
紅葉葵 トロロアオイ ハマボウ
芙蓉 アメリカ芙蓉 木槿(むくげ)
[PR]
by yarock | 2005-07-15 13:40 | 夏に咲く花