巡り来る季節の中で出会い         心癒されたお花達


by yarock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:東京都薬用植物園( 26 )

クリスマスローズ

2006・2・20
東京都薬用植物園

・金鳳花(きんぽうげ)科。
・「クリスマスローズ」は、クリスマスの時期に咲く、
 バラ(ローズ)に似た花、ということから命名。
多くは2月の節分頃から3月頃の開花だが、クリスマスの時期に咲く品種もあるらしい。
「レンテンローズ」は、キリスト教のレント(受難節、イースターまでの40日間)の頃に
 咲くためにそう呼ばれる。季節で言うと2月頃から3月頃まで。
・ヨーロッパ原産。
・白く清楚でやや大きめの花。ピンクもある。
・花はなぜか下を向くものが多い。
・学名の niger は、地下に横たわる、黒く短い ”根”にちなんだ名前。
この根は、ヨーロッパでは古くから薬用として利用していたらしい。
・別名 「雪起こし(ゆきおこし)」、
寒さに強く、冬枯れの大地で雪を持ち上げて花を咲かせるところから。
・3月6日の誕生花(クリスマスローズ)
・花言葉は「慰め」(クリスマスローズ)

a0009600_0485769.jpg


a0009600_0493228.jpg


a0009600_050637.jpg


a0009600_0503891.jpg


a0009600_0523621.jpg

[PR]
by yarock | 2006-02-22 00:53 | 東京都薬用植物園
2006・2・20
東京都薬用植物園

・金鳳花(きんぽうげ)科。
・開花時期は、 2/ 1頃~ 3/15頃。
・光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられると1~2分で花がしぼみ、
再び日があたるといつの間にか花が開く。
寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫をしているらしい。
・福寿草の花と南天の実とセットで
「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされることがある。
名前も、めでたい「福寿(幸福と長寿)」の草の意。
・根と茎は有毒です。食べないように。
・花が終わる頃、人参(にんじん)の葉のような、こまかい葉が出てきて一面に広がる
・たくさんの別名をもつ。
「元日草」(がんじつそう)や「朔日草」(ついたちそう)など・・・。
旧暦の正月(2月)頃咲き出すことから新年を祝う花として
 あらん限りのおめでたい良い名がつけられたと思われる。

a0009600_035379.jpg


a0009600_0354978.jpg


a0009600_0383537.jpg

[PR]
by yarock | 2006-02-22 00:38 | 東京都薬用植物園
2006・2・20
東京都薬用植物園

金鳳花(きんぽうげ)科。
・節分の頃(2月)、石灰岩地に咲く。
関東だと、秩父の武甲山あたりに多い。
・白い小さな5弁花。
・片栗や福寿草と同じように林の中が明るい(木々の葉っぱがまだ茂っていない)
 春の短期間にだけ姿を現す「春植物」です。
花のあと実をつけ、4月頃には種と地下部を残して地上からは姿を消す。

a0009600_0285442.jpg


a0009600_0291680.jpg


a0009600_040334.jpg


a0009600_0402711.jpg

[PR]
by yarock | 2006-02-22 00:29 | 東京都薬用植物園

ケチョウセンアサガオ

ナス科
製薬原料植物区で咲いています。
全草にヒヨスチアミン他を含み、全体が有毒です。
切れ込みのある白いきれいな花を咲かせます。
葉と種子は硫酸アトロピン(鎮痛、鎮けい薬)の製造原料とされます。
<有毒植物>

a0009600_4125821.jpg


a0009600_4132099.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-21 04:14 | 東京都薬用植物園

★枸杞 (くこ)

茄子(なす)科。
・川の土手や溝のふちなどに生える。
・枝にはとげあり、若葉は食べられる。
・夏から秋にかけて紫色の花が咲き、
そのあとで赤い柔らかい実がなり食べられる。
この実を酒や焼酎に漬けて「クコ酒」にする。
・根の皮は解熱や強壮薬にもなる。
根は「地骨皮」という漢方薬になる。
中国と日本では古くは「沼美久須利(ぬみくすり)」と
呼ばれるほど薬として有名で栽培も盛んだった。
・似ている実へ  夜香木(やこうぼく)

a0009600_492970.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-21 04:10 | 東京都薬用植物園
シクンシ科
別名 カラクチナシ
原産地 熱帯アジア
性状 常緑の木性ツル植物
特徴 開花より白、ピンク、紅色と色が変わる
夜になると独特な甘い香りを発するそうです。
漢方・中薬 果実は整腸、回虫駆除剤に用いる
参考 昔、郭と云う使君がカラクチナシの種で
腸の中の回虫を駆除できる事を発見した
由来から使君子と名が付いた

a0009600_1455334.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-14 14:54 | 東京都薬用植物園

★ヘビウリ

(ウリ科)
インド原産の多年草で、果実は長いもので2mにもなります。
インドなどでは食用に栽培されます。


a0009600_2348145.jpg



a0009600_23532824.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-13 23:54 | 東京都薬用植物園

エキナケア・プルプレア


キク科
別名:ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)
原産地:北米
花期:夏
耐寒性があり,栽培が容易な多年草(園芸品種)です。
馬簾(ばれん)というのは,纏(まとい)の飾りとして彩色した
細長い紙などを垂らしたものです。
花びらが下に垂れるところをとらえた命名です。
a0009600_1211659.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-08 10:51 | 東京都薬用植物園

ツノゴマ(角胡麻) 

ツノゴマ科 
原産地:インドネシア,ニュー・メキシコ
花期:夏
総状花序を出し,
長さ 5 センチほどの淡紫色または乳白色の花をつけます。
果実は長さ15センチほどで,かぎ爪があります。
a0009600_10243917.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-08 10:24 | 東京都薬用植物園

大毛蓼 (おおけたで)

a0009600_10214757.jpg

・蓼(たで)科。
・東南アジア原産。
・濃いピンクの花がきれい。
・犬蓼の大型版。
茎が太く、全体に毛が多いのが
名の由来。
・江戸時代には、葉っぱをもんで
害虫にさされたときの解毒に使った。

・「蓼」シリーズ
犬蓼 大毛蓼 桜蓼
[PR]
by yarock | 2005-09-08 09:06 | 東京都薬用植物園