巡り来る季節の中で出会い         心癒されたお花達


by yarock
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:野の花( 16 )

アメリカ生まれの帰化植物で、
1952年静岡県清水港で発見
輸入穀物の大豆に混じっていた種がもとで広がったと言われている。
キュウリのような葉で花は黄白色の星形で繁殖力が強く各地に広がっている。

雄花のおしべは合着して1つになっており、まるでめしべのように見える
果実は右下の写真のような刺と柔らかな毛に覆われ数個が集まった特異な形状になっていてそれぞれに1個の種が入っている。
触ると痛く、棘は細くてしなやかなので、服を貫いて思わぬところに刺さったりする。
アレチウリは窒素を吸収する能力が高いとの指摘もあり、
窒素除去へ貢献する可能性があるとの指摘もあった。


a0009600_14262316.jpg



a0009600_142637100.jpg

[PR]
by yarock | 2005-10-05 14:28 | 野の花

彼岸花 (ひがんばな)

・彼岸花(ひがんばな)科。
・開花時期は、 9/15頃~ 9/ 末頃。
・原産地中国。
・ちょうど秋のお彼岸の頃に咲く。
・突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ
数日で花が終わって茎だけになる。 花が白い種類もある。
・花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して夏近くなると全く消えてしまう。
花と葉を同時に見ることはできない。葉のあるときには花はなく花のときには葉がない。
韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。 「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。
・根のところにはリコリンという毒があるが、この毒は水で何回もさらせばとれるので
昔の人はこの根の部分からデンプンをとって飢饉の際の食料とした。
・田んぼのあぜ道や土手に多くみかけるが、これはノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、
彼岸花の毒性のある球根を植えることで防いだからという説がある。
・別名 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ) ”天上の花”という意味。
おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から ふってくるという仏教の経典による。

・東京周辺の見どころ
<巾着田(きんちゃくだ)>
埼玉県飯能(はんのう)の近くにある、 高麗川(こまがわ)沿いの水田。
日本一の規模の彼岸花群生地として知られる。 花見頃9月下旬。
埼玉県日高市高麗本郷。 西武池袋線高麗駅から徒歩10分。

<皇居、桜田濠>
半蔵門から桜田門にかけての桜田濠の皇居側の斜面に
彼岸花が点々と群生するのが見える。 花見頃9月下旬。
千代田区千代田。
地下鉄有楽町線桜田門駅からすぐ、または、
    地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩2分。

・似ている花 狐の剃刀 夏水仙 鐘馗水仙 ネリネ
・「彼岸」シリーズ 彼岸花 彼岸桜


a0009600_13595455.jpg



a0009600_1403422.jpg



a0009600_1413322.jpg

[PR]
by yarock | 2005-10-05 14:03 | 野の花

蔓穂 (つるぼ)

2005・9・29 撮影

・百合(ゆり)科。
・山野などに生える。
・秋の初め頃に、突然茎を伸ばし始め、
うす紫色の花を咲かせる。
・群生していることが多い。

・似ている花 吉祥草


a0009600_1614197.jpg



a0009600_16171527.jpg

[PR]
by yarock | 2005-10-01 16:16 | 野の花
2005.9.29 撮影

・菊(きく)科。
・秋に、白く真ん中が黄色の花が
さわやかに咲く。
ちなみに「春の野芥子」は、
春~秋に咲く、まっ黄色の花。
・茎を切ると白い乳液が出る。

・「野芥子」シリーズ 野芥子 鬼野芥子

a0009600_1611685.jpg



a0009600_16113499.jpg

[PR]
by yarock | 2005-10-01 16:12 | 野の花
2005・8・30
道端の草むらで小さなお花を発見~~☆

キツネノマゴ科
花期:夏~秋
小さな花と低い背丈で目立たないが、名前が面白い。
花の根元に密集している細いガクのような穂が、
狐の尻尾に似るという説があるが確かではない。
「狐の孫」というわけではないようです。
野原や道端に普通に見られます。

a0009600_171066.jpg

[PR]
by yarock | 2005-09-10 01:06 | 野の花
2005・8・17
御岳山で撮影

アルバム ★レンゲショウマ(御岳山)★








・金鳳花(きんぽうげ)科。
・深山に生える。
・夏、淡い紫色の花が咲く。
・花がハスに、
葉が更科升麻(さらしなしょうま)に
似ているところからこの名前になった。
・似ている花
苧環(おだまき)
・「升麻」シリーズ
蓮華升麻 山吹升麻 晒菜升麻 泡盛升麻 鳥足升麻
[PR]
by yarock | 2005-08-19 20:47 | 野の花

ソバナ(岨菜)

2005・8・17
御岳山で撮影



キキョウ科 ツリガネニンジン属 
山地の林縁に見られる多年草。
高さ80cm程度。葉は互生し、
長さ10cm程度の広披針形。
夏に開花。
斜面好みらしく、平地では見かけない
分布 本州~九州
花期 8-9月
[PR]
by yarock | 2005-08-19 20:43 | 野の花
2005・8・17
御岳山で撮影



ユリ科 ホトトギス属 
山地に見られる多年草。
高さ60cm程度。
葉は長さ8cm程度の長楕円形。
秋に開花。
ホトトギスは葉腋に2~3個つき、
花被片には紫色の斑点が多いが、
本種は花は1~2個で、花被片の斑点は少なく、
花冠は平開する。
分布 北海道~九州
花期 8-10月
[PR]
by yarock | 2005-08-19 20:39 | 野の花

蛍袋 (ほたるぶくろ)



・桔梗(ききょう)科。
・開花時期は、 6/ 1頃~ 6/25頃。
・まさに「袋」形の花。
英語では「bellflower(鐘の花)」という。
名前は、「花の中に蛍を閉じ込めると、
その明かりが外へ透けて見える」ところから
きているらしい。
また、提灯の古名を「火垂(ほたる)」といい、
その提灯に似ているので「ほたる」、それが
「蛍」になったとも。
・似ている花
釣鐘人参 岩沙参 釣鐘草 釣鐘水仙
[PR]
by yarock | 2005-07-15 13:47 | 野の花

宵待ち草



アルバム ★花便り~~♪★
2005/7/11 北山公園の向日葵など追加

・赤花(あかばな)科。
・開花時期は、 7/10頃~10/15頃。
・北アメリカ原産。
・夕方、宵になるのを待つようにして花が咲く。
また、野性化していて荒地などに多い。
・よく「月見草(つきみそう)」の名で呼ばれる。
・以下、すごく似てます(私は今だ区別がつかない)
「待宵草」(まつよいぐさ)
夏の夕方開花、黄色花、直径約3cm。
「大待宵草」(おおまつよいぐさ)
夏の夕方開花、黄色花、直径約8cm。
これの別名が「月見草(つきみそう)」
だそうです。
「荒地待宵草」(あれちまつよいぐさ)
夏、昼から開花、黄色花、直径約8cm。
・「月見草」シリーズ
荒地待宵草 昼咲月見草
[PR]
by yarock | 2005-07-15 13:44 | 野の花