巡り来る季節の中で出会い         心癒されたお花達


by yarock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

菊 (きく)

2005・11・5
神代植物公園

・菊(きく)科。
・開花時期は、10/20頃~12/20頃。
・東洋で最も古くからある鑑賞植物らしい。
平安時代に中国から渡来。
改良が重ねられ多くの品種がある。
・「きく」は漢名の「菊」を音読みしたもの。
また、「菊」の漢字は、散らばった米を1ヶ所に集める、の意で、
 菊の花弁を米に見立てたもの。
漢名の「菊」は”究極、最終”を意味し、 一年の一番終わりに咲くことから名づけられた。
・大輪の菊はよく菊花展で見かける形で文化の日(11/3)前後が見頃。
菊花展で見られるのは
「厚物(あつもの)→ 大輪もの」と
「管物(くだもの)→ 細い花びら」に分けられる。
・中国では菊は不老長寿の薬効があるとされ、
陰暦の9月9日(重陽の節句)には菊酒を飲み
長寿の祈願をした。これがしだいに日本にも伝わり、
菊の花を酒に浮かべて飲み花を鑑賞する
「重陽の宴」が催されるようになった。
のちに菊は皇室の紋章になり、日本の国花になった。
(日本の国花はこの菊と桜の2つ)
・中国で呼ばれる「四君子(竹、梅、菊、蘭)」の一つ。水墨画の画材にもよく使われる。
・花の盛りは11月だが、冬になっても「残菊、晩菊」というサブネームで咲き続ける。
 これらはだいたい小菊のことだが、野性味の濃い小菊は寒さには強い。
これらは冬になっても咲いているので「冬菊」とも、
 寒気の中で咲いているので「寒菊」とも呼ぶ。
しかし、年を越える頃にはやはり枯れてしまう → 「枯れ菊」になる
・ことわざ。「春蘭秋菊倶に廃す可からず」、
(しゅんらんしゅうぎくともにはいすべからず)。
両者ともにすぐれており捨てがたい、の意。
・兵庫県の県花(野路菊)
・12月3日の誕生花(菊)
1月5日、8月6日の誕生花(小菊)
9月23日の誕生花(麦藁菊)
10月10日の誕生花(蛇の目菊)
10月20日の誕生花(スプレー菊)
11月22日の誕生花(東雲菊)
・花言葉は「思慮深い」(菊)
「真実、元気」(小菊)
「真実、永遠」(麦藁菊)
「いつも愉快」(蛇の目菊)
「私はあなたを愛する」(スプレー菊)
「困難に耐える」(東雲菊)
・似ている花  ダリア 赤花除虫菊 マーガレット


a0009600_1595128.jpg



a0009600_204129.jpg



a0009600_21132.jpg



a0009600_214254.jpg



a0009600_222434.jpg



a0009600_232152.jpg



a0009600_235641.jpg

[PR]
by yarock | 2005-11-08 02:05 |